読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と愛

詩と絵のアイデア

25 僕

ラブ。

僕ラブ16を目標に詩作を続けてきたという事実と、下痢が止まらなくなったという事実と、耳鳴りが止まらないという事実がぼくの近況を詳らかに説明してくれる。終わってしまっていると言える。

僕ラブにて需要不明の詩集を出す予定であるが、詩の体裁を取っているかと問われれば答えに窮してしまう。

詩とはなんだ。韻を踏んでいれば詩になるのか。

ぼくはボードレール「巴里の憂鬱」を読んで以来、あらゆる文字媒体を詩だと思い込んでいる節がある。この答えは乱暴に過ぎることもわかっているが、自己肯定のためにも止められない。

たとえば、朝のニュースも詩である。朝のニュースが詩でなければなんなのだ。朝のニュースか。たしかに、朝のニュースは朝のニュースである。とすれば、「昼のニュースは昼のニュースであるか」という問いが生まれるが、これはまた別の問題であるので、また後日取扱うこととする。

いま問題とされているのは、詩が何であるかということである。詩とは詩である。これはひとつの回答である。「詩とは詩である」という回答それ自体が詩であり、詩がいかなるものであるかを示唆している。そうすると、「朝のニュースは朝のニュースである」という一文も詩なのではないか。ほんとうに詩か? 詩とはなんだ。堂々巡りである。詩の条件と思しきものを挙げていく遊びも可能であるが、あまりにもナンセンスなので止めておいたほうが良い。これは教訓である。

さて、教訓が得られたところで冒頭の話に戻るのは、一つの常套手段である。「ラブライブ詩」、とりわけ、「はなよちゃん詩」というジャンルを今回の詩集の主題としたのであるが、あらゆる場所、あらゆる時代の少女(すなわち、はなよちゃん)を、なるべく軽いタッチで描くことを目的としている。はなよちゃんという概念が限界を持たないために、「はなよちゃん詩」というジャンルも限界を持たない。これは良い点であるが、一方で原作におけるはなよちゃん像(一つの特異点であり、これが全てではないことに留意する必要がある)からひどく逸脱するおそれがある点はよろしくないと考えている。それは「僕らのラブライブ」という場においては失礼に当たるのではないかという危惧があり、そのあたりのバランスを見極める必要性を感じているのである。読み手の読み方にも左右されるところであるため完全に調整することは叶わないが、できる限り不具合のないように作製しているつもりではある。

また、ぼくはいくらかの少女像を提供してみることにした。これは必ずしもはなよちゃんやその他メンバーに合致するものではないかもしれないが、そこに彼女らを当てはめる形で想像を膨らませれば、そこから新たなラブライブ観が生まれる可能性があるのではないかと期待している。ラブライブは無限の可能性に満ちている。だからこそ、その可能性を試したくなってしまうのである。

論理破綻したことをだらだらと書く(ぼくにとって)ストレスフリーなブログにしたいと思っているが、たまには伝えるべきことを書く必要に駆られる。ので書いた。あとは下痢と耳鳴りが止んでくれれば最高なのだけれども。

24 ぐ

GU。

たまにかわいいTシャツを売っている店である。最近ではセーラームーンとコラボレーションをしていたように思う。

セーラームーンとは、一般的には月に代わっておしおきをする人のことを指す。現代の日本では月がおしおきをすることはないとされているところであるが、それでは何がおしおきをするのか。法か。

法に代わっておしおきをするのは人間である。人間が人間におしおきをするのであるから、マクロな視点では人間はマゾ気質なのである。制度上マゾ気質であることを強要されているのである。これはいかがなものだろうか。

ところで、セーラームーンも人間である。おしおきをしたがる人間である。

おしおきをしたがる人間である。

23 大

学生になったはなよちゃん。

大学に入ってスクールアイドルとは無縁の生活を送るはなよちゃん。

大学の友達と海に行くはなよちゃん。

渚で波に驚いて持っていたレモン・ソーダを落とすはなよちゃん。

流れ出ていくレモン・ソーダとそれを拾おうとするはなよちゃん。

遠くから友達に呼ばれて後ろ髪引かれながらも彼女らのもとに向かうはなよちゃん。

空になったレモン・ソーダのカップが波に連れられていくのに気づかないはなよちゃん。

はなよちゃん。

22 落

雷。

雷はどこに落ちるのかわからんので恐い。いつ鳴るかわからんので恐い。これは人間が自らの「理性」に頼りきっていることに起因する。「理性」が全てを白日の下に晒してくれるのだという幻想に起因する。

その傲慢さに慣れてしまったぼくたち人間は、不確定な状況を恐れる。しかしながら、考えてもみれば人生には不確定なことしかない。よって、人々はびくつきながら日々を過ごしている。びくびくとしている。穴蔵に閉じ籠ってしまいたい気持ちでいっぱいである。しかしそこいらに穴蔵があるわけでもないため、仕方なく外を彷徨いているのである。大した目的も抱かずに。ただ、雷に打たれないようにと祈っている。それだけの存在である。

21 旬

魚自体がおいしいのに、旬の魚はもっとおいしい。異常事態である。

人間にも旬があったらおもしろい。夏は旨いが、冬は食べられたものじゃない。といった感じの。

人間を捕獲するときは魚と同じように、網が有効である。たとえば新宿駅で網を張っておくと、望んだ効果が期待されるが、乱獲の問題が発生するために規制が設けられることになる。駅であればやはり乗降者数に応じた人獲量が設定されることになるのだろうか。いや、そもそも捕獲可能なエリアが制限される可能性がある。多数人が利用し得る施設での捕獲は不可である等の規制が設けられれば、捕獲業者が向かう先はどこなのだろうか。「多数人が利用し得る施設」ではないところの空き地等でフェス等のイベントを開催することにより、「多数人が利用し得る施設」ではない場所に多数人を集める者が現れるとおもしろい。一網打尽である。そうなると、屋外イベントはすべて釣り餌のようなものである。人々は不信感のため屋外イベントから足が遠のき、野外フェスなどは衰退してゆくのだろうか。いや、指定区域が設定されるのか。そもそも野外フェスとはなんだ。現状、野外フェスを行うにあたり届出等があるのか。野外フェスに行く人々とは野外フェスに行く人々なのか。野外フェス。

野外フェスに対する疑問は尽きないと言える。

20 電

車。

電車の規則正しい揺れに眠気を誘われるのである。

ではおやすみ。

19 超

超。

「超えていこう」と頻繁に思う。

何を超えていくつもりなんだぼくは?

などと頭をひねったところで、幼少期に母親から、ぼくの話には主語と目的語がないからわかりにくいと説教を受けたことを思い出す。「超えていこう」もまさにそれである。三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。

とはいえ、肝心の問題は解決していない。ぼくは何を超えていこうとしているんだ? 人知か?

人知を超えようと試みることは大事である。所詮は人知、人間の為すことであるため、ゴジラから見たアリみたいなものである(ところで、ゴジラの目の分解能ではアリは見えない。これは豆知識として明日にでも披露すると良い)。

人間が自らの存在を超えてしまったとき、何物にも代えがたいものが生まれ得る。それは抽象的であり、それゆえに普遍性を持ち、かつ、永続的である。つまるところ、芸術なのである。

人知を超えた先にある芸術。ぼくはどうやら、そこに到達することを心奥で希求しているようであるなあ!(いい加減に書き始めたのに、ぼくの崇高な魂の一片が顕になる良記事でしたね、と、いい加減に締めておきます)